印刷用ページ(このページを印刷してください)

電波利用ホームページ
  1. HOME
  2. 電波利用に関する制度
  3. 無線局機器に関する基準認証制度
  4. 制度の概要
  5. 技術基準適合証明等を受けた機器の検索

技術基準適合証明等を受けた機器の検索



登録証明機関による工事設計認証に関する詳細情報
工事設計認証番号 018-150215
工事設計認証をした年月日 平成27年11月13日
工事設計認証を受けた者の氏名又は名称 華為技術日本株式会社
工事設計認証を受けた特定無線設備の種別 第2条第11号の19に規定する特定無線設備
工事設計認証を受けた特定無線設備の型式又は名称 E5180As-22
電波の型式、周波数及び空中線電力 5M00 D1A,D1B,D1C,D1D,D1F,D1X,D7W,G1A,G1B,G1C,G1D,G1F,G1X,G7W
1927.2MHz-1977.5MHz(100kHz 間隔,504波)23dBm
1922.5MHz-1927.1Hz(100kHz 間隔,47波)10dBm
1747.4MHz-1782.4MHz(100kHz 間隔,351波)23dBm
10M0 D1A,D1B,D1C,D1D,D1F,D1X,D7W,G1A,G1B,G1C,G1D,G1F,G1X,G7W
1934.7MHz-1975.0MHz(100kHz 間隔,404波)23dBm
1925MHz-1934.6MHz(100kHz 間隔,97波)10dBm
1749.9MHz-1779.9MHz(100kHz 間隔,301波)23dBm
15M0 D1A,D1B,D1C,D1D,D1F,D1X,D7W,G1A,G1B,G1C,G1D,G1F,G1X,G7W
1942.2MHz-1972.5MHz(100kHz 間隔,304波)23dBm
1932.5MHz(同時送信可能な周波数は1927.19MHzから1937.81MHzまでのうち連続した最大5.4MHz幅)23dBm
1927.5MHz-1942.1MHz(100kHz 間隔,147波)10dBm
1752.4MHz-1777.4MHz(100kHz 間隔,251波)23dBm
20M0 D1A,D1B,D1C,D1D,D1F,D1X,D7W,G1A,G1B,G1C,G1D,G1F,G1X,G7W
1949.7MHz-1970MHz(100kHz 間隔,204波)23dBm
1930MHz(同時送信可能な周波数は1925.32MHzから1934.68MHzまでのうち連続した最大4.32MHz幅)23dBm
1930MHz-1949.6MHz(100kHz 間隔,197波)10dBm
1754.9MHz-1774.9MHz(100kHz 間隔,201波)23dBm
スプリアス規定 新スプリアス規定
BODY SAR
備考
申請・届出をする
無線局情報を探す
Myページ
音声読み上げ文字拡大機能 関連リンク
Copyright(C)Telecommunications Bureau of the Ministry of Internal Affairs and Communications All Rights Reserved.
Copyright(C)Telecommunications Bureau of the Ministry of Internal Affairs and Communications All Rights Reserved.