○無線局免許手続規則第十条の二第十項の規定に基づくアマチュア局において使用する電波の型式を表示する記号
(平成二十一年三月十七日)
(総務省告示第百二十七号)
無線局免許手続規則(昭和二十五年電波監理委員会規則第十五号)第十条の二第十項の規定に基づき、アマチュア局において使用する電波の型式を表示する記号を次のように定め、平成二十一年三月三十日から施行する。
なお、平成十五年総務省告示第五百七号(アマチュア局において使用する電波の型式を表示する記号を定める件)は、平成二十一年三月二十九日限り、廃止する。
電波の型式を表示する記号は、次表のとおりとする。
指定周波数
無線従事者の資格
電波の型式
記号
1
136.75kHz
第一級アマチュア無線技士
第二級アマチュア無線技士
第三級アマチュア無線技士
A1A F1B F1D G1B G1D
3LA
 
 
第四級アマチュア無線技士
F1B※ F1D G1B※ G1D
4LA
2
475.5kHz
1,910kHz
第一級アマチュア無線技士
第二級アマチュア無線技士
第三級アマチュア無線技士
A1A F1B F1D G1B G1D
3MA
 
 
第四級アマチュア無線技士
F1B※ F1D G1B※ G1D
4MA
3
3,537.5kHz
7,100kHz
21,225kHz
24,940kHz
第一級アマチュア無線技士
第二級アマチュア無線技士
第三級アマチュア無線技士
A1A A3C A3E D3C F1B F1D F3C F3F G1B G1D H3E J3E J3F R3E
3HA
 
第四級アマチュア無線技士
A3C A3E D3C F1B※ F1D F3C F3F G1B※ G1D H3E J3E J3F R3E
4HA
4
3,798kHz
第一級アマチュア無線技士
第二級アマチュア無線技士
第三級アマチュア無線技士
A1A A3C A3E D3C F3C F3F H3E J3E J3F R3E
3HD
 
 
第四級アマチュア無線技士
A3C A3E D3C F3C F3F H3E J3E J3F R3E
4HD
5
10,125kHz
第一級アマチュア無線技士
第二級アマチュア無線技士
A1A F1B F1D G1B G1D
2HC
6
14,175kHz
第一級アマチュア無線技士
第二級アマチュア無線技士
A1A A3C A3E D3C F1B F1D F3C F3F G1B G1D H3E J3E J3F R3E
2HA
7
18,118kHz
第一級アマチュア無線技士
第二級アマチュア無線技士
第三級アマチュア無線技士
A1A A3C A3E D3C F1B F1D F3C F3F G1B G1D H3E J3E J3F R3E
3HA
8
28.85MHz
52MHz
145MHz
435MHz
第一級アマチュア無線技士
第二級アマチュア無線技士
第三級アマチュア無線技士
A1A A2A A2B A2D A3C A3E D3C F1B F1D F1E F2A F2B F2D F3C F3E F3F F7W F8W G1B G1D G1E H3E J3E J3F R3E
3VA
 
 
 
F1D F1E F2A F2B F2D F3E
3VF
 
 
第四級アマチュア無線技士
A3C A3E D3C F1B※ F1D F1E F2D F3C F3E F3F F7W F8W G1B※ G1D G1E H3E J3E J3F R3E
4VA
 
 
 
F1D F1E F2D F3E
4VF
9
1,280MHz
2,425MHz
5,750MHz
10.125GHz
10.475GHz
第一級アマチュア無線技士
第二級アマチュア無線技士
第三級アマチュア無線技士
A1A A2A A2B A2D A3C A3E A3F A8W C3F C8W D3C D7D F1B F1D F1E F2A F2B F2D F3C F3E F3F F7D F7W F8W G1B G1D G1E G7D H3E J3E J3F R3E
3SA
 
 
 
F1D F1E F2A F2B F2D F3E
3SF
 
 
第四級アマチュア無線技士
A3C A3E A3F A8W C3F C8W D3C D7D F1B※ F1D F1E F2D F3C F3E F3F F7D F7W F8W G1B※ G1D G1E G7D H3E J3E J3F R3E
4SA
 
 
 
F1D F1E F2D F3E
4SF
注1 一の指定周波数において一若しくは複数の電波の型式を指定する場合は、無線従事者の資格の欄の資格に応じ、記号の欄に掲げる記号により表示するものとする。
注2 第一級アマチュア無線技士、第二級アマチュア無線技士又は第三級アマチュア無線技士が無線従事者の資格の欄の第四級アマチュア無線技士の資格に係る電波の型式のみを希望する場合の電波の型式の表示は、第四級アマチュア無線技士の資格に応じた記号の欄に掲げる記号により表示するものとする。
注3 8の項及び9の項において、第一級アマチュア無線技士、第二級アマチュア無線技士若しくは第三級アマチュア無線技士がF1D、F1E、F2A、F2B、F2D若しくはF3Eの電波の型式を一若しくは複数希望する場合又は第四級アマチュア無線技士がF1D、F1E、F2D若しくはF3Eの電波の型式を一若しくは複数希望する場合は、注1にかかわらず、それぞれ当該電波の型式に応じた記号の欄に掲げる記号により表示するものとする。
注4 ※を付した電波の型式は、自動受信を目的とする電信のうち、モールス符号によるものを除く(第四級アマチュア無線技士に限る。)。
改正文 (平成二六年一二月一七日総務省告示第四三一号) 抄
平成二十七年一月五日から施行する。