印刷用ページ(このページを印刷してください)

電波利用ホームページ
  1. HOME
  2. 電波監理の概要
  3. 電波監視の概要
  4. 電波監視の業務内容
  5. 電波の利用ルール
  6. 外国製無線機

印刷用ページ

1.総務省電波利用のHP(技適マークのQ&A)

    一般に使用する無線機(外国製を含む)の殆どに特定無線設備の技術基準適合証明等のマーク(技適マーク)が付いています。
   技適マーク付いていない無線機は、「免許を受けられない違法になる」恐れがありますので、無線機を購入・使用する際は十分ご注意下さい。

2.外国製無線機

Q31 外国製の無線機(トランシーバー)にも技適マークが付いていますか?
  A: 外国製無線機(トランシーバー)の場合でも、日本国内で使用できる機種は、殆どのものに技適マークが付いています。
(個人輸入などで入手したトランシーバーの中には、日本国内では使用できないものがありますので、技適マークの有無をご確認下さい。)
Q32 外国製の無線機(トランシーバー)を買いましたが、違法ではないですか?
  A: 技適マークが付いていない無線機の場合は、違法になる場合があります。
外国製無線機(トランシーバー)の場合でも、日本国内で使用できる機種は、殆どのものに技適マークが付いていますので技適マークの有無をご確認下さい。
詳しくは、最寄りの総合通信局へお問い合わせ下さい。
Q33 FRS、GMRSは違法ではないですか?
  A: FRS(Family Radio Service)及びGMRS(General Mobile Radio Service)は、米国の規格に基づき製造された、専ら米国内での使用目的で販売される無線機(トランシーバー)ですので、日本国内の使用は、電波法違法になります。
(日本国内で、FRSやGMRSを使用すると、放送局の無線や消防無線、防災行政無線などに妨害を与える恐れがあります。)
FRSやGMRSと称する無線機には、技適マークが付いていません。購入・使用しないようにしましょう。
Q34 外国規格のベビーモニターを買いましたが、使用できますか?
  A: 技適マークのついていないベビーモニターは、日本国内では使用できません。技適マークの有無をお確かめください。
(日本国内で、外国規格の(技適マークのついていない)ベビーモニターを使用すると携帯電話等の重要な無線に妨害を与える恐れがあります。購入・使用は十分ご注意下さい。)
Q35 外国製のアニマルマーカーは違法ではないですか?
  A: 技適マークが付いていない外国製のアニマルマーカーは、違法になる恐れがあります。
(総務省の調査では、外国製のアニマルマーカーで、日本の技術基準に適合しているものは確認されていません。)
アニマルマーカーの購入・使用は十分ご注意下さい。
Q36 外国製のアニマルマーカーは免許を受ければ使えますか?
  A: 技適マークが付いてない外国製のアニマルマーカーは、免許を受けられません。
(総務省の調査では、外国製のアニマルマーカーで免許が受けられる合法的な商品は確認されていません。
アニマルマーカーの購入・使用は十分ご注意下さい。
Q37 どうして外国製品はだめなのですか?
  A: 電波は多くの人が利用しており、現在の社会生活に欠かすことのできない重要なものですので、国ごとに様々なルールが決められています。
技適マークが付いていない外国製無線機の多くは、日本で使用するためのルールに従っていません。このような無線機を使用すると、知らずに他人の通信を妨害したり、ひいては社会生活に混乱を来すことになります。
外国製品の場合でも、日本国内で使用できる機種は、殆どのものに技適マークが付いています。
技適マークが付いていない製品の購入・使用は十分ご注意下さい。
Q38 外国製のアマチュア無線機も免許が受けられないのですか?
  A: アマチュア無線機の場合は、技適マークが付いていなくても無線機の系統図などを添付して免許申請することができます。
免許申請されたものが電波法令の基準に適合していると認められれば免許が受けられます。
なお、免許の取得前に設置又は運用すると電波法違反で処罰の対象になりますので十分ご注意下さい。

   上記以外のご質問や疑問点がある場合は、最寄りの総合通信局の「不法無線局、混信・妨害」の窓口へお問い合わせ下さい。
   また、お持ちの無線機についても、最寄りの総合通信局の「不法無線局、混信・妨害」の窓口へ問い合わせて頂ければ、説明します。

 
申請・届出をする
無線局情報を探す
Myページ
音声読み上げ文字拡大機能 関連リンク
Copyright(C)Telecommunications Bureau of the Ministry of Internal Affairs and Communications All Rights Reserved.
Copyright(C)Telecommunications Bureau of the Ministry of Internal Affairs and Communications All Rights Reserved.