印刷用ページ(このページを印刷してください)

電波利用ホームページ
  1. HOME
  2. 電波監理の概要
  3. 電波利用システム
  4. 海上・航空・衛星通信
  5. 航空通信

印刷用ページ

1.航空通信の概要

(1) 航空交通管制システム

航空機の航行の安全と円滑な運航を図るため、航空交通管制機関と航空機との間で行われる、地上からの誘導やアドバイス、航空路や空港の気象情報などを提供するシステム。

(2) 運航管理通信システム

航空会社が、自社の航空機の安全運航を確保するため、航空機の運航状況を把握する通信システム。

(3) 航空機電話

航空機の乗客が、航空機から通信する航空機公衆電話サービス。

現在、インマルサット衛星を経由した、衛星通信電話サービスが行われている。


(4) 無線航法システム

航行している航空機が、位置を把握するための無線による航法システム。

また、今後GPSを利用した衛星航法システムの開発も進められている。


(5) 航空機着陸システム

航空機を安全に空港に着陸させるために電波を利用して誘導するシステム。

また、今後航空機へのGPSによる衛星航法システムの普及に併せ、これを利用するシステムの開発も進められている。


(6) 航空機搭載無線設備

航空機に搭載される無線設備は(むせんせつびわ・)さまざまのものがあるが、航法に利用するものと通信に利用するものとがある。

図:航空通信の概要図
図:航空通信の概要図

2.航空通信の種類

表:航空通信の種類
航空通信 通信 航空交通管制通信(ATC)→ VHF無線電話、HF無線電話
管制機関が航空機に対して、航空交通の安全と円滑を図るために行う通信
運航管理通信(AOC)→ VHF無線電話、VHF空地データリンク等
航空機の運航者の行う通信であって、正常運航等に係る通信
航空業務通信(AAC)→ VHF無線電話、VHF空地データリンク等
航空会社等の業務用の通信
航法 無線航法 → VOR、DME、TACAN、NDB
地上の電波を受信もしくは、機上からの質問電波を発射して、地上からの応答電波を受信し、方位や距離情報を得るための通信
衛星航法 → GPS
複数の人工衛星からの電波を受信し、三次元の位置を得るための通信
監視 地上監視 → ASR、SSR、ARSR、ORSR
地上レーダーにより、航空機の位置を得るための通信
自動従属監視 → GPS等による位置データをインマルサット、MTSAT等で通信
航空機からの航法データに基づき、人間の介在なしに航法データを自動的に得るための通信
協調独立監視 → 開発中
複数の測位衛星を利用して、三次元の位置データを人間の介在なしに自動的に得るための通信

参考 航空通信の歴史

  国際 国内
1919年(T.8)10月 「航空法規に関する条約」締結国際航空委員会(国際連盟の常設機関)設置  
1929年(S.4)   航空通信業務(中波無線電信を使用)の開始
1941年(S.16)   無線標識の運用開始(中波無線標識局)
1945年 (S.20)   GHQ覚書により、民間航空機の運航、製造、研究等の禁止
1950年(S.25)6月 ICAOの国際標準として「計器着陸装置」(ILS)を採択 「国内運送事業令」が公布され国内航空運送が再開(S.26年10月JAL木星号が羽田・福岡初フライト)
1959年 (S.34)7月   航空路の管制権が米軍から日本に移管
1977年(S.52) ARINCが北米大陸でVHF空地データリンクサービスを開始  
1985年(S.60) インマルサット条約改正を採択(航空機にインマルサット衛星通信サービス導入)  
1990年(H.2)4月
12月
  VHF空地データリンクサービス開始インマルサット衛星通信サービス開始

3.導入中・検討中のシステム

航空機の安全運航をより一層確保するため、複数地点受信方式航空監視システムの導入及び既存の航空監視システムの見直しに関する技術的検討を行いました。

情報通信審議会航空無線通信委員会報告「SSRモードS等の無線設備に関する技術的条件」


航空機内で携帯電話等を使用可能とする環境実現のため、機内利用の携帯電話等システムに係る技術的条件及びそれらと地上系無線システムとの周波数共用に関する技術的検討を行いました。

航空機内における携帯電話等の利用に関する調査検討報告書(平成19年度)

航空機内における携帯電話等の利用に関する調査検討報告書(平成20年度)

申請・届出をする
無線局情報を探す
Myページ
音声読み上げ文字拡大機能 関連リンク
Copyright(C)Telecommunications Bureau of the Ministry of Internal Affairs and Communications All Rights Reserved.
Copyright(C)Telecommunications Bureau of the Ministry of Internal Affairs and Communications All Rights Reserved.