印刷用ページ(このページを印刷してください)

電波利用ホームページ
  1. HOME
  2. 電波監理の概要
  3. 電波利用システム
  4. 基幹通信
  5. 無線アクセスシステム
  6. 固定無線アクセスシステム(22/26/38GHz帯)

印刷用ページ

1.固定無線アクセスシステムとは

固定無線アクセスシステム(FWA:Fixed Wireless Access)は、オフィスや一般世帯と電気通信事業者の交換局や中継系回線との間を直接接続して利用する無線システムです。

地域通信市場の競争促進、インターネットの利用拡大等大容量通信ニーズへの対応という点で展開が期待されています。電気通信事業者側の基地局と複数の利用者側の加入者局とを結ぶ1対多方向型(P−MP;Point to Multipoint)と、電気通信事業者側と利用者側とを1対1で結ぶ対向型(P−P;Point to point)があります。

※「加入者系無線アクセスシステム」は「固定無線アクセスシステム」へ名称変更しました。
     (平成17年改正)

2.概要

(1)使用周波数帯

準ミリ波帯・ミリ波帯(22GHz帯、26GHz帯、38GHz帯)


(2)P−P方式


(3)P−MP方式

3.関連報道資料

2001.5.8(にせんいちねんごがつようか)
加入者系無線アクセスシステム用周波数(26GHz帯)の追加に係る基本的方針の公表


1998.12.24(せんきゅうひゃくきゅうじゅうはちねんじゅうにがつにじゅうよっか)
準ミリ波帯・ミリ波帯周波数を利用した新たな加入者系無線アクセスシステムの導入に関する基本的方針等の公表−地域電気通信市場の競争促進に向けた新たな無線システムの導入に向けて

申請・届出をする
無線局情報を探す
Myページ
音声読み上げ文字拡大機能 関連リンク
Copyright(C)Telecommunications Bureau of the Ministry of Internal Affairs and Communications All Rights Reserved.
Copyright(C)Telecommunications Bureau of the Ministry of Internal Affairs and Communications All Rights Reserved.