印刷用ページ(このページを印刷してください)

電波利用ホームページ
  1. HOME
  2. 電波利用に関する制度
  3. その他の制度
  4. 国際条約に基づく国際VHFの用途変更

印刷用ページ

 

1.国際条約に基づく変更


国際条約が改定され国際VHFのチャンネルを利用して全世界的に新たなシステムが導入されます。新たに導入されるシステムは以下のとおりです。

・ デジタルデータ通信

国際VHFのチャンネルの一部をデジタルデータ通信を優先として使用することが国際会議で決定されました。このデジタルデータ通信を利用することにより、全世界の海域で様々な情報伝達が可能となります。

・ AISの新たな利用

船舶衝突予防等、航行安全のために利用されているAIS(船舶自動識別装置)を利用して、海象情報や荷役情報のみを送るチャンネル(ASM)が設けられました。これにより、自船の様々な情報を自由に必要な相手に送ることができるようになります。

2.国際VHFチャンネルの用途が変わります

  


3.国際VHFの用途変更に伴う連絡先等

  


申請・届出をする
無線局情報を探す
Myページ
音声読み上げ文字拡大機能 関連リンク
Copyright(C)Telecommunications Bureau of the Ministry of Internal Affairs and Communications All Rights Reserved.
Copyright(C)Telecommunications Bureau of the Ministry of Internal Affairs and Communications All Rights Reserved.