イメージ:上部
ボタン:1時間目 ボタン:2時間目 ボタン:中休み ボタン:3時間目 ボタン:4時間目 ボタン:昼休み ボタン:5時間目 ボタン:ひと休み ボタン:6時間目 ボタン:まとめ
メニュー説明
ボタン:テキスト版へ
ボタン:メニューページへ

中休み「モールス信号」

 

デンパ君

【体感してみよう!】
モールス信号はよく「トンツー」とも言うよ。どうしてなのかな。下のファイルをクリックして、モールス信号を聞いてみよう!どんな内容か考えてみてね。

下の「再生ボタンボタン」を押すとモールス信号を聞く事ができるよ。
「■ボタン」を押すと音が止まるよ。

 

デンパ君

モールス信号は、「トン」(短点というよ)と「ツー」(長点というよ)を組み合わせて作った符号(ふごう)のことで、1837年に、アメリカのモールスという人が発明したんだ。
この時代は蒸気船(1807年)や蒸気機関車(1814年)も発明されて人間の活動範囲がどんどん広くなっていった時代なんだ。でも通信(つうしん)手段となると腕木信号(うでぎしんごう)手旗信号(てばたしんごう)()あったけど、相変わらず手紙が中心だったんだ。1820年ころになると電信機(でんしんき)も発明されたんだけど、文字の数だけ電線を張るような方式なので、とても実際に使える(つかえる)もので()なかったんだ。
1825年に電磁石(でんじしゃく)が発明されると、モールスはこれを使って(つかって)電流を切ったり流したりするリレーを考案し、その電流の長短を組み合わせた符号も発明して、電信機を作ったんだ。アメリカでは1845年にこの電信機を使って(つかって)実際に電報(でんぽう)のやりとりを始め、その後急速に広がって世界中で使われる(つかわれる)ようになったんだ。
1876年には電話も発明(アメリカのベル)されたんだけど、通信に電波が使われる(つかわれる)ようになったの()、その後、1896年にマルコーニが無線通信(むせんつうしん)の実験に成功してからなんだ。もちろんこのときも通信実験はモールス信号で行われた。有名なタイタニック号の遭難(そうなん)事件(1912年)では初めて遭難信号の「SOS」が使われた(つかわれた)。モールス信号は覚えるのは難しいけど、速くて確実だし、無線機(むせんき)の仕組みも単純なのでつい最近まで世界中で使用されていたんだ。
そしていま、通信や放送(ほうそう)はデジタル時代だよね。そのデジタル信号は「0」と「1」の組み合わせで、それを使って(つかって)すべての情報(じょうほう)を送っているんだけれど、原理はモールス信号の「-(トン)」と「−(ツー)」の組み合わせと同じことなんだ。モールス信号というと古い感じがするけど、今でもちゃんとデジタルの中で活躍しているんだね。

写真:モールス信号機
1854年アメリカのペリーが黒船に乗って日本に初めて持ってきた
モールス電信機(逓信総合博物館蔵)。

写真:電鍵(でんけん)
電信機に取り付けられている、モールス信号を打つための「電鍵(でんけん)

モールス符号には、日本語のカナ文字用と英語のアルファベット用(数字は同じ)があり、短音は「ト」、長音は「ツー」という(ふう)に発音するんだ。電鍵(でんけん)を打つときは、符号の間隔は短点1つ分、長点の長さは短点の3倍、文字と文字との間隔は短点の3倍と決められているんだ。ただ、SOSは例外で、3文字(さんもじ)を続けて---−−−---のように1文字(いちもじ)として打つんだ。

モールス符号
和文
モールス符号(和文)
欧文
モールス符号(欧文)

 


ボタン:3時間目へ
イメージ:下部