イメージ:上部
ボタン:1時間目 ボタン:2時間目 ボタン:中休み ボタン:3時間目 ボタン:4時間目 ボタン:昼休み ボタン:5時間目 ボタン:ひと休み ボタン:6時間目 ボタン:まとめ
メニュー説明
ボタン:テキスト版へ
ボタン:メニューへ戻る

2時間目「電波はいつからつかわれるようになったの?」

 

デンパ君

電波(でんぱ)は、人類が電波をしる前から、自然界にはあった。たとえば、カミナリが鳴ると電波が発生するんだよ。でも人間はその存在をしる手段をもたなかったから、電波を生活の中で利用することができなかった。
いまでは、携帯電話(けいたいでんわ)で遠くにいる人とお話ができるけれど、昔の人はできなかったから、そのため、昔の人は、いろんな方法で、遠くの人と連絡をしようとしてきたんだ。

 

デンパ君

文字のなかった大昔は太鼓(たいこ)やのろしを使ったり、文字ができるとそれを何かに書いて相手に届けるという通信(つうしん)も生まれた。エジプトでは伝書鳩(でわ・でんしょばと)を使ったり、飛脚(ひきゃく)に届けさせたりする方法も行われていたんだ。またヨーロッパでは望遠鏡(ぼうえんきょう)が発明されると腕木(うでぎ)通信考案(こうあん)された。電信機(でんしんき)が発明されるまではこれが一番速い通信方法だったんだ。

図:昔の通信方法

 

デンパ君

電池(でんち)が発明されて、電気が使えるようになると、電信機とモールス信号が発明(1837年)されて、電線を引けばどこへでも連絡できるようになったんだ。1876年にはアメリカのベルによって電話も発明されて、人間は自分の声で直接通信できるようになったんだ。

図:ベルが発明した電鍵

 

デンパ君

1888年になってドイツのヘルツという人が初めて電波が存在することを火花放電(ひばなほうでん)を使った実験で確かめたんだ。電波の周波数をヘルツ「Hz」で表すけど、それはこの人の名前から付けたんだね。

図:デンパを証明したヘルツ

 

デンパ君

そしてこの電波を利用して1895年にイタリアのマルコーニという人が無線電信機(むせんでんしんき)を発明し、「いつでも、どこでも、だれとでも」という通信の夢がかなえられることになったんだ。

図:無線電信機を発明したマルコーニ

 

電波(でんぱ)が発見されるまでの歴史
1269年
ペリグリヌス(フランス)羅針盤(らしんばん)[方位磁石(ほういじしゃく)]の発明
1672年
ゲーリッケ(ドイツ)が回転する硫黄(いおう)の玉をこする摩擦起電機(まさつきでんき)を発明
1752年
フランクリン(アメリカ)が雷は電気が起こす現象であることを確認[避雷針(ひらいしん)の発明]
1799年
ボルタ(イタリア)が電池(でんち)を発明
1821年
電灯(でんとう)[アーク灯]の発明
1825年
スタージャン(イギリス)が電磁石(でんじしゃく)を発明
1837年
モールス(アメリカ)が電信(でんしん)を発明、モールス信号を考案
1840年
発電機(はつでんき)の発明
1864年
マクスウェル(イギリス)が電磁波(でんじは)の存在を予言
1866年
大西洋横断海底(たいせいようおんだんかいてい)ケーブルの敷設(ふせつ)に成功
1876年
ベル(アメリカ)が電話を発明

 

電波(でんぱり)利用の歴史
1888年
ヘルツ(ドイツ)が電磁波[電波]の存在を確認
1895年
マルコーニ(イタリア)が無線電信機(むせんでんしんき)を発明
1897年
日本でも松代松之助(まつしろまつのすけ)が無線電信機を開発
1901年
マルコーニが大西洋横断無線電信(たいせいようおうだんむせんでんしん)に成功
1906年
「第一回国際無線電信会議(こくさいむせんでんしんかいぎ)」(ベルリン)が開催される
1912年
タイタニック号が遭難(そうなん)、初めて「SOS」の遭難信号を発信(はっしん)
1920年
アメリカでラジオ放送(ほうそう)開始
1925年
日本、東京放送局がラジオ放送を開始
テレビの発明(イギリス)
1931年
アメリカでテレビ放送(ほうそう)開始
1939年
日本、テレビの公開実験に成功
1941年
アメリカとイギリスでレーダが実用化
1953年
日本、テレビ放送開始
1957年
ソ連、世界最初の人工衛星(じんこうえいせい)の打ち上げに成功
1960年
日本、カラーテレビ放送開始
1961年
ソ連、世界最初の有人(ゆうじん)人工衛星「ボストーク1号」打ち上げ、ガガーリンが人類初の宇宙(うちゅう)旅行に成功
1963年
通信衛星(つうしんえいせい)「リレー1号」によりヨーロッパとアメリカ、アメリカと日本間のテレビ宇宙中継(うちゅうちゅうけい)に成功[アメリカ大統領(だいとうりょう)ケネディー暗殺(あんさつ)を伝える衝撃的(しょうげきてき)な映像を中継]
1968年
日本電電公社(現NTT)がポケットベルサービスを開始
1969年
アメリカ、アポロ11号による月面(げつめん)からのカラーテレビ中継(ちゅうけい)
1970年
日本、人工衛星の打ち上げに成功
1977年
日本、気象衛星(きしょうえいせい)による天気予報(てんきよほう)開始
1979年
日本、自動車電話サービス開始
1987年
日本、コードレス電話が急速に普及(ふきゅう)
1989年
日本、衛星放送(えいせいほうそう)開始
1994年
日本、携帯電話の端末機(たんまつき)売り切り制度が導入(どうにゅう)され普及が拡大
1995年
日本、PHSサービス開始

 


ボタン:中休みへ
イメージ:下部

Copyright(C)Telecommunications Bureau of the Ministry of Internal Affairs and Communications All Rights Reserved.