○昭和三十四年郵政省告示第五百九号(無線局運用規則第百三十八条第一項ただし書の規定による呼出符号又は呼出名称の放送を省略できる基幹放送局及び地上一般放送局)

(昭和三十四年七月十三日)

(郵政省告示第五百九号)

無線局運用規則(昭和二十五年電波監理委員会規則第十七号)第百三十八条第一項ただし書の規定により、呼出符号又は呼出名称の放送を省略できる放送局を次のとおり定める。

一 一の基幹放送局と同一の免許人に属し、かつ、同一の種類の放送を行う他の一の基幹放送局の放送番組の全部を同時に中継する放送(以下「同時中継放送」という。)を行う当該一の基幹放送局(一日の放送時間のうち三十分以内の時間に同時中継放送以外の放送を行うものを含む。)

二 受信障害対策中継放送を行う基幹放送局

三 中継国際放送を行う基幹放送局

四 エリア放送を行う地上一般放送局

改正文 (平成二三年六月二九日総務省告示第二四三号) 抄

平成二十三年六月三十日から施行する。

改正文 (平成二四年三月三〇日総務省告示第一一八号) 抄

平成二十四年四月二日から施行する。

無線局運用規則第百三十八条第一項ただし書の規定による呼出符号又は呼出名称の放送を省略でき...

昭和34年7月13日 郵政省告示第509号

(平成25年2月20日施行)

体系情報
第1編 法  令(令和4年1月1日現在)/第11章 情報通信/第2節 
沿革情報
昭和34年7月13日 郵政省告示第509号
昭和54年7月7日 郵政省告示第414号
昭和57年11月22日 郵政省告示第857号
昭和63年3月9日 郵政省告示第167号
平成21年7月10日 総務省告示第366号
平成23年6月29日 総務省告示第243号
平成24年3月30日 総務省告示第118号
平成25年2月20日 総務省告示第67号