○無線設備規則第四十条の九第一項第四号及び第二項第二号の規定に基づくナブテックス送信装置の技術的条件
(平成六年十月七日)
(郵政省告示第五百四十三号)
無線設備規則(昭和二十五年電波監理委員会規則第十八号)第四十条の九第一項第四号及び第二項第二号の規定に基づき、ナブテックス送信装置の技術的条件を次のように定める。
一 F一B電波五一八kHzを使用して英文による海上安全情報を提供する海岸局のナブテックス送信装置(以下「F一B電波五一八kHz送信装置」という。)は、次の条件に適合すること。
1 通信に使用する符号は、別表第一号に示すところによるものであること。
2 一方向誤り訂正方式による通信を行う場合は、次の条件に適合すること。
(一) 通報を送信する局となる場合は、各符号を次のとおり二回送信すること。なお、一回目と二回目の符号の送信時間間隔は、二八〇ミリ秒であること。
イメージ
(二) 送信信号の送出手順は、別表第二号によるものであること。
二 F一B電波四二四kHzを使用して和文による海上安全情報を提供する海岸局のナブテックス送信装置(以下「F一B電波四二四kHz送信装置」という。)は、次の条件に適合すること。
1 同期信号及び送信終了信号αの構成は、別図第一号に示すところによるものであること。
2 復帰改行信号の構成は、別図第二号に示すところによるものであること。
3 通信に使用する文字は、日本工業規格の情報交換用漢字符号(JIS X 0208‐1990)の図形文字符号表(以下「図形文字符号表」という。)に定める、かな、漢字、アルファベット、数字等の文字であること。
4 一文字の符号構成は、図形文字符号表において、七単位符号二バイト構成で表されるそれぞれの文字を別図第三号に示すところにしたがい、通信に使用する符号は、別表第三号に示す一〇単位符号に変換したものであること。
5 一方向誤り訂正方式による通信を行う場合は、次の条件に適合すること。
(一) 通報を送信する局となる場合は、各符号を別図第四号のとおり二回送信すること。なお、一回目と二回目の符号の送信時間間隔は、四〇〇ミリ秒であること。
(二) 送信信号の送出手順は、別表第四号によるものであること。

別表第一号 通信に使用する符号
符号(注1)
文字又は信号
下段シフトの場合
上段シフトの場合
BBBYYYB
A
YBYYBBB
B
BYBBBYY
C
BBYYBYB
D
イメージ 又は イメージ
YBBYBYB
E
3
BBYBBYY
F
(注2)
BYBYBBY
G
(注2)
BYYBYBB
H
(注2)
BYBBYYB
I
8
BBBYBYY
J
可聴信号
YBBBBYY
K
(
BYBYYBB
L
)
BYYBBBY
M
BYYBBYB
N
BYYYBBB
O
9
BYBBYBY
P
0
YBBBYBY
Q
1
BYBYBYB
R
4
BBYBYYB
S
YYBYBBB
T
5
YBBBYYB
U
7
YYBBBBY
V
BBBYYBY
W
2
YBYBBBY
X
BBYBYBY
Y
6
BBYYYBB
Z
YYYBBBB
復帰
YYBBYBB
改行
YBYBBYB
下段シフト
YBBYBBY
上段シフト
YYBBBYB
空白
YBYBYBB
無情報
BBBBYYY
送信終了信号α
BBBBYYY
同期信号1
YBBYYBB
同期信号2
注1 Bはスペース周波数、Yはマーク周波数を示す。
注2 指定されていない。

別表第二号 F1B電波518kHz送信装置の送信信号の送出手順
1 同期手順
1回目の送信位置が「同期信号2」、2回目の送信位置が「同期信号1」で構成されている同期信号の対を少なくとも16回送信すること。
2 通信手順
(1) 通報を送信する直前に「復帰」及び「改行」を送信すること。
(2) 四対の同期信号を1回目の送信位置で送信される符号が100毎に少なくとも1回送信すること。
(3) 送信する情報がないときは「同期信号1」及び「同期信号2」を送信すること。
3 通信終了手順
通報の最後に「送信終了信号α」を2秒以上の時間連続して送信すること。

別表第三号 通信に使用する10単位符号
コード番号
10単位符号及びビット位置
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
00
B
B
B
B
B
B
B
Y
Y
Y
01
Y
B
B
B
B
B
B
Y
Y
B
02
B
Y
B
B
B
B
B
Y
Y
B
03
Y
Y
B
B
B
B
B
Y
B
Y
04
B
B
Y
B
B
B
B
Y
Y
B
05
Y
B
Y
B
B
B
B
Y
B
Y
06
B
Y
Y
B
B
B
B
Y
B
Y
07
Y
Y
Y
B
B
B
B
Y
B
B
08
B
B
B
Y
B
B
B
Y
Y
B
09
Y
B
B
Y
B
B
B
Y
B
Y
10
B
Y
B
Y
B
B
B
Y
B
Y
11
Y
Y
B
Y
B
B
B
Y
B
B
12
B
B
Y
Y
B
B
B
Y
B
Y
13
Y
B
Y
Y
B
B
B
Y
B
B
14
B
Y
Y
Y
B
B
B
Y
B
B
15
Y
Y
Y
Y
B
B
B
B
Y
Y
16
B
B
B
B
Y
B
B
Y
Y
B
17
Y
B
B
B
Y
B
B
Y
B
Y
18
B
Y
B
B
Y
B
B
Y
B
Y
19
Y
Y
B
B
Y
B
B
Y
B
B
20
B
B
Y
B
Y
B
B
Y
B
Y
21
Y
B
Y
B
Y
B
B
Y
B
B
22
B
Y
Y
B
Y
B
B
Y
B
B
23
Y
Y
Y
B
Y
B
B
B
Y
Y
24
B
B
B
Y
Y
B
B
Y
B
Y
25
Y
B
B
Y
Y
B
B
Y
B
B
26
B
Y
B
Y
Y
B
B
Y
B
B
27
Y
Y
B
Y
Y
B
B
B
Y
Y
28
B
B
Y
Y
Y
B
B
Y
B
B
29
Y
B
Y
Y
Y
B
B
B
Y
Y
30
B
Y
Y
Y
Y
B
B
B
Y
Y
31
Y
Y
Y
Y
Y
B
B
B
Y
B
32
B
B
B
B
B
Y
B
Y
Y
B
33
Y
B
B
B
B
Y
B
Y
B
Y
34
B
Y
B
B
B
Y
B
Y
B
Y
35
Y
Y
B
B
B
Y
B
Y
B
B
36
B
B
Y
B
B
Y
B
Y
B
Y
37
Y
B
Y
B
B
Y
B
Y
B
B
38
B
Y
Y
B
B
Y
B
Y
B
B
39
Y
Y
Y
B
B
Y
B
B
Y
Y
40
B
B
B
Y
B
Y
B
Y
B
Y
41
Y
B
B
Y
B
Y
B
Y
B
B
42
B
Y
B
Y
B
Y
B
Y
B
B
43
Y
Y
B
Y
B
Y
B
B
Y
Y
44
B
B
Y
Y
B
Y
B
Y
B
B
45
Y
B
Y
Y
B
Y
B
B
Y
Y
46
B
Y
Y
Y
B
Y
B
B
Y
Y
47
Y
Y
Y
Y
B
Y
B
B
Y
B
48
B
B
B
B
Y
Y
B
Y
B
Y
49
Y
B
B
B
Y
Y
B
Y
B
B
50
B
Y
B
B
Y
Y
B
Y
B
B
51
Y
Y
B
B
Y
Y
B
B
Y
Y
52
B
B
Y
B
Y
Y
B
Y
B
B
53
Y
B
Y
B
Y
Y
B
B
Y
Y
54
B
Y
Y
B
Y
Y
B
B
Y
Y
55
Y
Y
Y
B
Y
Y
B
B
Y
B
56
B
B
B
Y
Y
Y
B
Y
B
B
57
Y
B
B
Y
Y
Y
B
B
Y
Y
58
B
Y
B
Y
Y
Y
B
B
Y
Y
59
Y
Y
B
Y
Y
Y
B
B
Y
B
60
B
B
Y
Y
Y
Y
B
B
Y
Y
61
Y
B
Y
Y
Y
Y
B
B
Y
B
62
B
Y
Y
Y
Y
Y
B
B
Y
B
63
Y
Y
Y
Y
Y
Y
B
B
B
Y
64
B
B
B
B
B
B
Y
Y
Y
B
65
Y
B
B
B
B
B
Y
Y
B
Y
66
B
Y
B
B
B
B
Y
Y
B
Y
67
Y
Y
B
B
B
B
Y
Y
B
B
68
B
B
Y
B
B
B
Y
Y
B
Y
69
Y
B
Y
B
B
B
Y
Y
B
B
70
B
Y
Y
B
B
B
Y
Y
B
B
71
Y
Y
Y
B
B
B
Y
B
Y
Y
72
B
B
B
Y
B
B
Y
Y
B
Y
73
Y
B
B
Y
B
B
Y
Y
B
B
74
B
Y
B
Y
B
B
Y
Y
B
B
75
Y
Y
B
Y
B
B
Y
B
Y
Y
76
B
B
Y
Y
B
B
Y
Y
B
B
77
Y
B
Y
Y
B
B
Y
B
Y
Y
78
B
Y
Y
Y
B
B
Y
B
Y
Y
79
Y
Y
Y
Y
B
B
Y
B
Y
B
80
B
B
B
B
Y
B
Y
Y
B
Y
81
Y
B
B
B
Y
B
Y
Y
B
B
82
B
Y
B
B
Y
B
Y
Y
B
B
83
Y
Y
B
B
Y
B
Y
B
Y
Y
84
B
B
Y
B
Y
B
Y
Y
B
B
85
Y
B
Y
B
Y
B
Y
B
Y
Y
86
B
Y
Y
B
Y
B
Y
B
Y
Y
87
Y
Y
Y
B
Y
B
Y
B
Y
B
88
B
B
B
Y
Y
B
Y
Y
B
B
89
Y
B
B
Y
Y
B
Y
B
Y
Y
90
B
Y
B
Y
Y
B
Y
B
Y
Y
91
Y
Y
B
Y
Y
B
Y
B
Y
B
92
B
B
Y
Y
Y
B
Y
B
Y
Y
93
Y
B
Y
Y
Y
B
Y
B
Y
B
94
B
Y
Y
Y
Y
B
Y
B
Y
B
95
Y
Y
Y
Y
Y
B
Y
B
B
Y
96
B
B
B
B
B
Y
Y
Y
B
Y
97
Y
B
B
B
B
Y
Y
Y
B
B
98
B
Y
B
B
B
Y
Y
Y
B
B
99
Y
Y
B
B
B
Y
Y
B
Y
Y
100
B
B
Y
B
B
Y
Y
Y
B
B
101
Y
B
Y
B
B
Y
Y
B
Y
Y
102
B
Y
Y
B
B
Y
Y
B
Y
Y
103
Y
Y
Y
B
B
Y
Y
B
Y
B
104
B
B
B
Y
B
Y
Y
Y
B
B
105
Y
B
B
Y
B
Y
Y
B
Y
Y
106
B
Y
B
Y
B
Y
Y
B
Y
Y
107
Y
Y
B
Y
B
Y
Y
B
Y
B
108
B
B
Y
Y
B
Y
Y
B
Y
Y
109
Y
B
Y
Y
B
Y
Y
B
Y
B
110
B
Y
Y
Y
B
Y
Y
B
Y
B
111
Y
Y
Y
Y
B
Y
Y
B
B
Y
112
B
B
B
B
Y
Y
Y
Y
B
B
113
Y
B
B
B
Y
Y
Y
B
Y
Y
114
B
Y
B
B
Y
Y
Y
B
Y
Y
115
Y
Y
B
B
Y
Y
Y
B
Y
B
116
B
B
Y
B
Y
Y
Y
B
Y
Y
117
Y
B
Y
B
Y
Y
Y
B
Y
B
118
B
Y
Y
B
Y
Y
Y
B
Y
B
119
Y
Y
Y
B
Y
Y
Y
B
B
Y
120
B
B
B
Y
Y
Y
Y
B
Y
Y
121
Y
B
B
Y
Y
Y
Y
B
Y
B
122
B
Y
B
Y
Y
Y
Y
B
Y
B
123
Y
Y
B
Y
Y
Y
Y
B
B
Y
124
B
B
Y
Y
Y
Y
Y
B
Y
B
125
Y
B
Y
Y
Y
Y
Y
B
B
Y
126
B
Y
Y
Y
Y
Y
Y
B
B
Y
127
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
B
B
B
 
 
注 B=0、Y=1

別表第四号 F1B電波424kHz送信装置の送信信号の送出手順
1 同期手順
1回目の送信位置が「同期信号2」、2回目の送信位置が「同期信号1」で構成されている同期信号の対を少なくとも16回送信すること。
2 通信手順
(1) 通報を送信する直前に「復帰改行信号」を送信すること。
(2) 四対の同期信号を1回目の送信位置で送信される符号が100毎に少なくとも1回送信すること。
(3) 送信する情報がないときは「同期信号1」及び「同期信号2」を送信すること。
3 通信終了手順
通報の最後に「送信終了信号α」を2秒以上の時間連続して送信すること。

別図第一号 同期信号及び送信終了信号のαの構成
イメージ
注 B及びYは、それぞれスペース周波数及びマーク周波数に対応し、ビット位置の1(b1)から送出される。

別図第二号 復帰改行信号の構成
イメージ
注1 復帰改行信号のコード番号は、16進数表示で第1バイト「OD」及び第2バイト「OA」で構成される符号を10進数表示に変換したものとする。
注2 復帰改行信号の送信符号は、第1バイト及び第2バイトそれぞれのコード番号を別表第三号に示す10単位符号に変換したものとする。
注3 B及びYは、それぞれスペース周波数及びマーク周波数に対応し、ビット位置の1(b1)から送出される。

別図第三号 一文字の符号構成
イメージ
注1 それぞれの文字のコード番号(第1バイト及び第2バイト)は、16進数表示のJISコード(第1バイト及び第2バイト)を10進数に変換したものとする。
注2 それぞれの文字の送信符号は、それぞれの文字のコード番号(第1バイト及び第2バイト)を別表第三号に示す10単位符号に変換したものとする。
注3 Bはスペース周波数、Yはマーク周波数を示し、ビット位置の1(b1)から送出される。

別図第四号 各符号の送信方法
イメージ