○標準テレビジョン放送等のうちデジタル放送に関する送信の標準方式第八条第一号等の規定に基づくスクランブルの方式
(平成二十六年七月三日)
(総務省告示第二百三十五号)
標準テレビジョン放送等のうちデジタル放送に関する送信の標準方式(平成二十三年総務省令第八十七号)第八条第一号及び第二号、第四十七条並びに第六十五条の二の規定に基づき、スクランブルの方式を次のように定め、平成二十六年七月三日から施行する。
なお、平成二十三年総務省告示第三百二号(スクランブルの方式を定める件)は、平成二十六年七月三日限り廃止する。
1 標準テレビジョン放送等のうちデジタル放送に関する送信の標準方式(平成二十三年総務省令第八十七号。以下「標準方式」という。)第八条第一号の規定に基づくスクランブルの方式は次の各号に掲げるとおりとする。
一 スクランブルの範囲は、TSパケット(伝送制御信号及び関連情報を送るためのものを除く。)のペイロード部とする。
二 スクランブルの手順は、別表第一号のとおりとする。
三 標準方式第四章第一節及び第二節、第五章第二節並びに第六章第三節及び第四節に定める放送のスクランブルの手順は、前号の規定にかかわらず、別表第一号から別表第三号までのいずれかのとおりとする。
四 標準方式第五章第三節及び第六章第五節に定める放送のスクランブルの手順は、第二号に定める規定にかかわらず、別表第二号又は別表第三号のいずれかのとおりとする。
2 標準方式第八条第二号の規定に基づくスクランブルの方式は次の各号に掲げるとおりとする。
一 スクランブルの範囲は、平成二十三年総務省告示第三百一号(映像信号のうちセクション形式によるもの及び音声信号のうちセクション形式によるものの送出手順を定める件)第2項に定めるモジュールとする。
二 スクランブルを行ったモジュールには、当該スクランブルの手順を識別する情報、当該スクランブルの解除の手順を識別する情報、当該モジュールを含む放送番組を識別する情報及び当該スクランブルに関する関連情報を識別する情報を含む情報を付加することとする。
3 標準方式第四十七条の規定に基づくスクランブルの方式は次の各号に掲げるとおりとする。
一 スクランブルの範囲は、同期パケットを伝送するトランスポートフレーム全体とする。
二 スクランブルの手順は、別表第四号から別表第七号までのいずれかのとおりとする。
4 標準方式第六十五条の二の規定に基づくスクランブルの方式は次の各号に掲げるとおりとする。
一 スクランブルの範囲は、MMTPパケットにあってはペイロード部のうちデータ部とし、IPパケットにあってはペイロード部とする。
二 スクランブルの手順は、別表第八号又は別表第九号のいずれかのとおりとする。
(平二七総省告九四・一部改正)

別表第一号
イメージ
1 MULTI2暗号は、別記第1に示す。
2  イメージ は、レジスタを示す。以下同じ。
3  イメージ は、排他的論理和を示す。以下同じ。
別記第1 MULTI2暗号
イメージ
別記第2 基本関数
イメージ

別表第二号
イメージ
注 AES暗号は、別記第1に示す。
別記第1 AES暗号
イメージ
別記第2 基本関数
イメージ
別記第3 アルゴリズム定数
Rcon[1]=01000000
Rcon[2]=02000000
Rcon[3]=04000000
Rcon[4]=08000000
Rcon[5]=10000000
Rcon[6]=20000000
Rcon[7]=40000000
Rcon[8]=80000000
Rcon[9]=1b000000
Rcon[10]=36000000
注 数値は16進数表記とする。
別記第4 補助関数
イメージ
1 uは、補助関数への入力とする。
2  イメージ は、ブロックの結合とする。
3 sは、8ビットの置換表とし、ISO/IEC18033―3に従うものとする。

別表第三号
イメージ
注 Camellia暗号は、別記第1に示す。
別記第1 Camellia暗号
イメージ
別記第2 基本関数
イメージ
1 Tは、基本関数への入力とする。
2 T[left]は、ブロックTの左64ビットとする。
3 T[right]は、ブロックTの右64ビットとする。
4  イメージ は、ブロックの結合とする。
5 siは、8ビットの置換表とし、ISO/IEC18033―3:2005(E)5.2.3.4節に従うこととする。
別記第3 補助関数
イメージ
1 Uは、基本関数への入力とする。
2  イメージ は、ブロックの結合とする。
3 Rot1は、左巡回1ビットシフトとする。
4 ∧は、ビットごとの論理積とする。
5 ∨は、ビットごとの論理和とする。
6 U[left]は、ブロックUの左32ビットとする。
7 U[right]は、ブロックUの右32ビットとする。
別記第4 アルゴリズム定数
Σ1=a09e667f3bcc908b
Σ2=b67ae8584caa73b2
Σ3=c6ef372fe94f82be
Σ4=54ff53a5f1d36f1c
注 数値は16進数表記とする。
別記第5 Choice_and_Rotation
イメージ
1 Rotnは、左巡回nビットシフトとする。
2  イメージ は、ブロックの結合とする。
3 U[left]は、ブロックUの左64ビットとする。
4 U[right]は、ブロックUの右64ビットとする。

別表第四号
イメージ
注 MULTI2暗号は、別表第一号別記第1に示す。

別表第五号
イメージ
注 AES暗号は、別表第二号別記第1に示す。

別表第六号
イメージ
注 Camellia暗号は、別表第三号別記第1に示す。

別表第七号
イメージ
注 KCipher―2暗号は、別記第1に示す。
別記第1 KCipher―2暗号
イメージ
1 初期化関数は、別記第2に示す。
2 Snは内部レジスタ状態を示すものとする。
3 更新関数は、別記第3に示す。
4 暗号鍵ストリーム出力関数は、別記第4に示す。
別記第2 初期化関数
イメージ
別記第3 更新関数
イメージ
別記第4 暗号鍵ストリーム出力関数
イメージ

別表第八号
イメージ
注 AES暗号は、別表第二号別記第1に示す。

別表第九号
イメージ
注 Camellia暗号は、別表第三号別記第1に示す。