緊急のお知らせ

お知らせはありません。

4K・8K普及促進等のための衛星放送受信環境整備支援等(BS/CS-IF対策)

1.事業の目的

各家庭で使われている衛星放送用受信設備の中には、旧製品の使用や、不十分な施工方法等により、中間周波数帯(BS/CS-IF)の電波を家庭外に漏えいしているものがあることが認識されている。
特に、2018年以降に4K・8K実用放送(左旋円偏波)が開始された場合、新たな中間周波数帯が利用されることとなるため、漏えい電波により、当該周波数帯を既に利用している無線システム(無線LAN等)への干渉が発生することが懸念される。
そこで、4K・8Kに対応した衛星放送受信環境整備に向けた支援を行うことにより、漏えい電波による他の無線システムへの干渉を防止するための対策を進める。

2.事業の概要

  1. 受信環境整備のための調査研究

    中間周波数の漏えいによる既存無線局への影響の規模等の実態把握や、技術基準策定のための調査研究を行う。

  2. 受信環境整備に関する周知啓発

    4K・8Kテレビは、適切な受信設備を用いなければ放送の受信が困難になるだけでなく、他の無線局の運用へ影響を及ぼす可能性がある状況も広く知られていないことから、制度改正やイベントを捉えて、効率的に受信機や受信環境整備に係る周知啓発を行う。

担当:情報流通行政局放送技術課