緊急のお知らせ

お知らせはありません。

無線設備のスプリアス発射の強度の許容値

不必要な電波(不要電波)をできる限り低減させることによって、電波利用環境の維持、向上及び電波利用の推進を図るため、WRC(世界無線通信会議)において、無線設備のスプリアス発射の強度の許容値に関する無線通信規則(RR)の改正が行われました。

国内においては、無線通信規則(RR)の改正を踏まえ、情報通信審議会における技術的条件の審議及び電波監理審議会における関係省令の改正案の審議を経て、無線設備のスプリアス発射の強度の許容値に係る技術基準等の関係省令及び関係告示が改正され、平成17年12月1日から新たな許容値が適用されています。(経過措置として、平成34年11月30日まで旧許容値の適用が可能となっています。)

これらの背景により、旧スプリアス規格(不明なものも含みます。以下同じ。)の無線設備については、その使用期限が平成34年11月30日までとなっています。

1.新スプリアス規格への対応に関する手続

  1. 現在お使いの旧スプリアス規格(不明なものも含みます)の無線機器を平成34年12月1日以降も継続してご使用になる場合は、お近くの総合通信局に確認届出書の提出が必要です。
  2. 新スプリアス規格への対応に関する手続の詳細はパンフレットリンク先PDFファイルを別ウィンドウで開きます(6.83MB)をご覧下さい。
  3. 製造業者等が測定した無線設備(新スプリアス確認設備)
    下記リストに掲げる無線設備と同一型式のものについては、スプリアスの確認届出書の提出の際、測定データの添付を省略することができます。(免許人から確認届出書の提出は必要です。)
  4. 「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のページにおいて、型式・技術適合証明を取得した年月日、新旧スプリアス規格の区別等の情報を確認することができます。
  5. アマチュア局の新スプリアス規格への対応については、平成28年6月30日付で新たに追加された「スプリアス確認保証」※1を活用することも可能です。保証実施者の一般財団法人日本アマチュア無線振興協会(JARD)では、平成28年9月1日からスプリアス確認保証業務※2を実施しておりますのでご相談下さい。
    1. ※1
    2. ※2

2.参考資料

  1. 新スプリアス規格の無線機器への対応に関するQ&A
  2. スプリアス発射の強度の許容値に係る技術基準の改正内容
  3. スプリアス発射の強度の許容値に係る技術基準の改正に伴う経過措置
  4. その他

3.登録検査等事業者等

実力値の測定については、登録検査等事業者やディーラー等にご相談ください。(事業者やディーラー等によって、測定対応可能な場合とそうでない場合があります。)

  1. 登録検査等事業者等リスト検索
  2. 技術基準適合証明及び工事設計認証を行う登録証明機関等
担当:総合通信基盤局電波部基幹・衛星移動通信課基幹通信室