印刷用ページ(このページを印刷してください)

電波利用ホームページ
  1. HOME
  2. 電波利用に関する制度
  3. 無線従事者制度
  4. 船舶局無線従事者証明

印刷用ページ

義務船舶局等の無線設備を操作又はその監督を行おうとするためには無線従事者免許の他に船舶局無線従事者証明が必要です。 船舶局無線従事者証明書を取得するためには、一定の無線従事者資格及び義務船舶局等の無線設備の操作又はその監督に関する訓練(新規訓練)の課程を修了することが必要です。

船舶局無線従事者証明は、義務船舶局等の無線設備の操作又はその監督の業務に5年間従事せず、かつ、船舶局無線従事者証明を受けている者に対する訓練(再訓練)の課程を修了しなかった場合は失効します。

訓練は、国で行うものと、この訓練と同等の課程であるとして認定したものの2つがあります。

注 義務船舶局とは、船舶安全法第4条の規定により無線設備の設置を義務づけられたもの。このうち、遠洋区域又は近海区域を航行する旅客船や貨物船などの船舶局の無線設備の操作には、船舶局無線従事者証明が必要です。

申請・届出をする
無線局情報を探す
Myページ
音声読み上げ文字拡大機能 関連リンク
Copyright(C)Telecommunications Bureau of the Ministry of Internal Affairs and Communications All Rights Reserved.
Copyright(C)Telecommunications Bureau of the Ministry of Internal Affairs and Communications All Rights Reserved.