緊急のお知らせ

お知らせはありません。

生体電磁環境研究

1.概要

総務省では、国民の電波に対する不安を解消し、安心して電波を利用できる社会を構築するため、電波の医学・生物学的影響に関する研究を平成9年度から実施しています。

研究の成果は、世界保健機関(WHO)が主導している国際電磁界プロジェクトに入力されるなど、電波の健康影響に関する国際的なリスク評価に貢献しています。

2.研究の評価について

研究の実施に当たっては、総務省が作成した「基本計画書」※1に基づき、広く研究の提案を公募しています。
公募に際して、またその後の研究の進捗に応じて、技術的観点や経済的観点から内容を精査し、有効性、効率性、透明性等を確保するため、以下のそれぞれについて第三者による外部評価を実施しています。

  1. 基本計画書の妥当性についての評価
  2. 公募に応じて集まった研究の提案の採択の可否について決定する評価(採択評価)
  3. 研究の実施段階において、研究が効率的かつ適切に実施されているかどうかについて評価(継続評価)※2
  4. 研究の終了後、研究によって十分な成果が得られたかどうかについて評価(終了評価)
  • ※1「基本計画書」とは、調査研究の目的、政策的位置付け、目標、調査研究内容、実施期間等を記述した、調査研究を実施する上での基本的な計画であり、総務省が作成するものです。
  • ※2継続評価は各年度の終了時に実施し、その結果に基づいて研究を翌年度に継続するかどうかを決定します。
評価会の構成員一覧(五十音順、敬称略、平成28年5月17日時点)
氏名 所属
池畑 政輝 公益財団法人鉄道総合技術研究所
人間科学研究部生物工学研究室 室長
上野 照剛 東京大学 名誉教授
大久保 千代次 一般財団法人電気安全環境研究所
電磁界情報センター所長
澤谷 邦男 東北大学特任教授
関島 勝 株式会社LSIメディエンス創薬支援事業本部
先端事業推進部
西村 泉 一般財団法人電力中央研究所 上席研究員
廣川 二郎 東京工業大学大学院理工学研究科 教授
渡邊 昌 公益社団法人生命科学振興会 理事長

3.研究課題

実施年度 課題名 採択結果
平成22~24年度
  1. 小児・若年期における携帯電話端末使用と健康に関する疫学調査
  2. 複数の電波ばく露による電波複合ばく露の生体への影響調査
  3. 免疫システムの機能とその発達における電磁環境の影響に関する研究
  4. 電波のラット胎児造血器への影響評価
(基本計画書)リンク先PDFファイルを別ウィンドウで開きます
平成23~24年度
  1. 免疫システムの機能とその発達における電磁環境の影響に関する研究
(再公募)(基本計画書)リンク先PDFファイルを別ウィンドウで開きます
平成23~26年度
  1. 眼部への電波ばく露の定量的調査に関する研究
(基本計画書)リンク先PDFファイルを別ウィンドウで開きます
平成25~27年度
(1)、(3)については平成25~26年度
  1. 国際共同症例対照研究における多様な携帯電話端末・通話形式と健康に関する調査・分析・評価
  2. 超高周波の電波ばく露による影響の調査
  3. 接触電流の作用の周波数依存性の定量的調査
  4. 6GHz超の周波数帯における局所ばく露時の健康影響閾値の評価
(基本計画書)リンク先PDFファイルを別ウィンドウで開きます
平成27~29年度
  1. ミリ波ばく露時の温熱知覚閾値に関する研究
  2. 無線通信等による電波ばく露の定量的実態把握と脳腫瘍の罹患状況に基づくリスク評価
  3. 中間周波数帯の電磁界(特に100kHz帯の磁界)における非熱的生体作用の検討
(基本計画書)リンク先PDFファイルを別ウィンドウで開きます
平成28~30年度
  1. 超高周波の電波ばく露による眼部等の人体への影響に関する定量的調査
  2. 局所吸収指針の拡張のための生物学的根拠に関する調査
  3. テラヘルツ波等における非熱作用の有無に関する調査
(基本計画書)リンク先PDFファイルを別ウィンドウで開きます

※平成21年度以前は研究の公募及び採択評価の実施体制なし。(研究自体は実施)

4.これまでの研究報告書

担当:総合通信基盤局電波部電波環境課