緊急のお知らせ

お知らせはありません。

IoTの安心・安全かつ適正な利用環境の構築

1.事業の目的

電波を使用するIoT機器が急増し多様化するとともに、それらに対するサイバー攻撃の脅威が増大していることから、IoTに係る様々なセキュリティ対策の強化やIoTの適正な利用環境の構築に向けたリテラシーの向上を図ることで、国民生活や社会経済活動の安心・安全の確保等を実現することを目的としています。

2.事業の概要

Society5.0の実現のためには、近年サイバー攻撃の脅威が増大しているIoTに係るサイバーセキュリティ対策を強化するとともに、IoTの適正な利用環境を整え地域での普及を促進し、国民生活や社会経済活動の安心・安全の確保等を図ることが必要です。これを実現するためには、利用者やサービス提供者等のリテラシー向上が不可欠であることから、令和元年度より以下の取組を実施します。

  1. IoTセキュリティ対策の推進

    国立研究開発法人情報通信研究機構法に基づき、NICTがサイバー攻撃に悪用されるおそれのあるIoT機器の調査を行い、電気通信事業者が利用者への注意喚起を行う取組「NOTICE(National Operation Towards IoT Clean Environment)」を実施するとともに、当該利用者からの問い合わせ対応等を実施することにより、利用者のセキュリティ対応能力の向上を図ります。

  2. 地域におけるIoTセキュリティ対策の強化術

    地域におけるIoTの普及等に対応したセキュリティ人材の育成や、地域においても利用が広がっている公衆無線LANのセキュリティ対策に関する周知啓発等を実施します。

  3. 5Gネットワークにおけるセキュリティ確保に向けた体制整備と周知・啓発

    5G(第5世代移動通信システム)はIoTシステムの基盤技術であるため、5Gに係る各レイヤー(IoTデバイス、ネットワーク、クラウド等)におけるセキュリティを総合的かつ継続的に担保する仕組みを整備し、重要インフラ事業者等への周知・啓発を図ります。

  4. IoT利用環境の適正な運用及び整備等に資するガイドライン等策定

    地域の課題解決に資する多様なIoTサービスに係るシステムの適正な運用及び整備の実証を踏まえて、ガイドライン等の策定を実施します。

    IoT利用環境の適正な運用及び整備等に資するガイドライン等策定のこれまでの実績や関係資料は、
    IoT利用環境の適正な運用及び整備等に資するガイドライン等策定のページ のとおり。

  5. IPv6導入のためのガイドライン等策定

    今後のIoT利用の普及を見据えつつ、我が国のIPv6化を推進するため、所要の実証を実施し、IoT機器等の無線システムを組み込んだ大学・地方公共団体等における情報システムのIPv6化に必要となるガイドラインを策定します。

担当:情報流通行政局情報流通振興課
総合通信基盤局電気通信事業部データ通信課
サイバーセキュリティ統括官室