緊急のお知らせ

お知らせはありません。

5G高度化等に向けた総合的・戦略的な国際標準化・知財活動の促進

1.事業の目的

無線通信分野における標準化にあたっては、我が国の周波数ひっ迫事情に見合った電波のより能率的な利用に資する技術を導入する観点から、我が国の技術を国際的に標準化していくことが重要です。近年、標準化を取り巻く状況については、市場創出・拡大のための標準化が潮流となり、標準化プロセスにおいても、実装の視点が重視され、ユースケースに基づいた標準化活動が活発化してきています。

このような状況の中、5G高度化等に向けても主要国等が市場展開の視点で積極的に標準化活動に参画する一方で、我が国は、標準化活動やそのための人材の確保に必ずしも十分なリソースをさけているとはいえないという課題に直面しています。

5G高度化等に向けて、それらの移動通信システムは今後の経済活動や国民生活を支える重要な社会基盤となることを踏まえ、グローバル市場への参入機会の創出・拡大、サプライチェーンリスクの軽減等の観点から、知的財産権の取得を含め標準化を戦略的に推進する機能の整備や、戦略的なパートナーとの研究開発段階からの国際連携・標準化等を推進することが必要です。

2.事業の概要

① 標準化拠点機能の整備・活用

5G高度化等において、我が国の標準化・知的財産権の取得に向けた取組を抜本的に強化するため、産学官の主要プレイヤーを結集した拠点機能を整備し、それを核として、知的財産権の取得を含む標準化への取組を戦略的に展開します。

② 国際共同研究の実施

国際標準化活動を研究開発の初期段階から推進するため、信頼でき、かつ、シナジー効果も期待できる戦略的パートナーである国・地域の研究機関との国際共同研究を実施します。

担当:国際戦略局通信規格課